飲酒後のドローン操縦を禁止する改正航空法成立

ドローンニュース
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

6月13日に衆院本会議により、ドローンの取り扱いについて改正航空法が成立しました。新たに飲酒後の飛行操縦の禁止、飛行前点検の義務化が航空法で定められました。

●Written by 芹澤 優斗(Yuto Serizawa)

飲酒後の飛行禁止と飛行前点検の義務化

取り決められた改正航空法は、200グラム以上のドローンなどの無人航空機が規制の対象。操縦者がアルコールや薬物の影響で正常に操縦できない恐れがある状態で飛行させた場合に罰則が科せられます。また、急降下などの危険飛行や、必要以上の騒音を発生する迷惑飛行も禁止となります。また、事故を起こした操縦者の自宅や、ドローンメーカー等の事業所などを国が立ち入り検査できる規定も新設しました。

200グラム以上のドローンなどを飲酒または、薬物摂取後に操縦すると「1年以下の懲役か30万円以下の罰金」に科せられます。さらに、業務利用時の場合は「3年以下の懲役または50万円以下の罰金」となります。可決された背景には、航空会社でパイロットが飲酒時に乗務した不祥事があり、航空会社のパイロットが飲酒乗務した場合にも適用されます。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

二つ目に、飛行前の機体点検や気象状況の確認も義務付けられました。なお、点検箇所や整備方法は国土交通省が作成した……
 
続きを読む >>

ドローンニュース
ドローン初心者にオススメの書籍5選 〜ビジネス編〜

ドローンを始めたい、ドローンをもっと知りたい、けれども「どんな書籍を読んだらいいかわからない!」とい …

ドローンニュース
ブラジル最大手の石油会社Petrobrasが有する浮体式生産貯蔵積出設備の目視点検を実施

日本初の企業がブラジルで点検業務を実施 テラドローンブラジルは、ドローンを活用し、同国内最大手の石油 …

ドローンニュース
空撮、点検、測量から機材レンタルまで!ドローンサービスを徹底比較!

近年、PR動画やプロモーションビデオの撮影、測量やインフラ点検などの分野で需要が高まるドローン空撮。 …