アメリカ発の損害調査向けドローンソリューションサービスを開始

ドローンニュース
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ドローン空撮AI解析を組み合わせた損害調査を開始

Airobotics K.K.(以下 エアロボティクス)は、世界で初めて⽶連邦航空局(FAA)から認められたパイロット不要のドローンソリューションを開発した企業だ。今回、東京海上⽇動⽕災保険株式会社(以下 東京海上⽇動)と連携し、ドローンで撮影した複数の画像を⼈⼯知能で解析を行う取り組みを開始すると発表した。この取り組みは、主に企業が所有・管理する⼯場や倉庫等を対象に、迅速に損害調査から修理費の算出までを可能とした。2019年6月から開始する。

建物点検のイメージ。可視カメラ、⾚外線カメラで取得したデータを統合し、AI を活⽤することで、効率的に損害状況を把握。

ソリューションはドローンで撮影した⼯場や倉庫等の空撮画像をつなぎ合わせて、正確に損害箇所や損害状況が把握できる画画像データ及び3D モデルを作成。作成したデータを解析し、具体的な損傷状況や損害額を迅速に算出する。エアロボティクスのデータ解析プラットフォームを使用し、調査から修理費の算出までを、正確かつ迅速に⾏うことができ、時間の短縮に効果的だ。加えて利用者の同意のもと、撮影した⼤量の画像データと損害鑑定⼈等による画像診断結果をAI に学習させることで、精度を向上していく。

これまで、東京海上⽇動の損害鑑定⼈による調査で、通常1 ヶ⽉程度かかっていた保険⾦の⽀払い期間を⼤幅に短縮。さらに、複……
 
続きを読む >>

ドローンニュース
ドローンクルーズ:棚田の最も美しい瞬間 長野県千曲市・姨捨の棚田(Vol.2)

千曲市にある姨捨の棚田は、広大な面積を持ち、棚田の数は2000枚ほどあると言われています。その広大さ …

ドローンニュース
飲酒後のドローン操縦を禁止する改正航空法成立

6月13日に衆院本会議により、ドローンの取り扱いについて改正航空法が成立しました。新たに飲酒後の飛行 …

ドローンニュース
2020年に発売A.L.I.の空飛ぶバイク『Speeder®️』を展示!ロケーション・ビジネス・ジャパン2019

2016年設立の日本のベンチャー企業A.L.I. Technologies(読み:エー・エル・アイ・ …