2020年に発売A.L.I.の空飛ぶバイク『Speeder®️』を展示!ロケーション・ビジネス・ジャパン2019

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

2016年設立の日本のベンチャー企業A.L.I. Technologies(読み:エー・エル・アイ・テクノロジーズ)が、幕張メッセで開幕した「ロケーション・ビジネス・ジャパン2019」に空飛ぶバイク『Speeder®️(スピーダー)』を出展しました。

同社は主にドローンなどUAV(無人小型飛行体)の研究・開発を行っており、農業用ドローンやインフラ点検用の機体を販売するだけでなく、さまざまなシーンでのドローン活用のコンサルティング、操縦士の派遣も行っています。

そのドローン関連の技術開発やコンサルティングを行ってきた技術と知見を活かし、無人機からより大型の有人機の分野にも参入し、将来的には“空飛ぶクルマ”を社会に浸透させることを目指しているそうです。

今回展示された空飛ぶバイク『Sppder®️(スピーダー)』リミテッド・エディションはガソリンエンジンを搭載し最高速度は時速200キロ。100台限定の販売で、価格は意外や意外、1000万円程度を予定しているとのこと。これは想像していたよりもかなりお手頃?

【動画】Speederが飛行する様子

この空飛ぶバイク『Speeder』が飛行するイメージ映像は以下の動画でご覧いただけます。実際に撮影をした動画とCGを組み合わせたスタイリッシュな映像に期待が高まります!

 

こちらの『Speeder®️……
 
続きを読む >>

ドローンニュース
ドローンクルーズ:棚田の最も美しい瞬間 長野県千曲市・姨捨の棚田(Vol.2)

千曲市にある姨捨の棚田は、広大な面積を持ち、棚田の数は2000枚ほどあると言われています。その広大さ …

ドローンニュース
飲酒後のドローン操縦を禁止する改正航空法成立

6月13日に衆院本会議により、ドローンの取り扱いについて改正航空法が成立しました。新たに飲酒後の飛行 …

ドローンニュース
アメリカ発の損害調査向けドローンソリューションサービスを開始

ドローン空撮とAI解析を組み合わせた損害調査を開始 Airobotics K.K.(以下 エアロボテ …