【ドローン点検】AI解析による修理費算出サービスが登場

ドローンニュース
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

エアロボティクス株式会社と東京海上⽇動が、ドローン撮影とAI解析による損害調査・修理費を迅速に算出する取り組みをスタートさせました。

世界で最初に⽶連邦航空局から認められたパイロット不要のドローンソリューションを開発したAirobotics K.K.(エアロボティクス株式会社、本社:イスラエル、社長:ラン・クラウス、以下当社)は、東京海上⽇動⽕災保険株式会社(本社:東京都千代⽥区、取締役社長広瀬 伸⼀、以下「東京海上⽇動」)と連携し、ドローンで撮影した複数の画像を⼈⼯知能(AI)で解析することで、迅速に損害調査から修理費の算出までを⾏う取り組みを2019年6⽉より開始することを発表しました。

AI解析による調査と査定とは?

まずこの取り組みの主な対象は、企業が所有・管理する⼯場や倉庫などになります。
ドローンで撮影した⼯場や倉庫等の空撮画像を繋ぎ合わせて、正確に損害箇所や損害状況が把握できる画像データおよび3Dモデルを作成。
作成したデータを解析し、具体的な損傷状況や損害額を迅速に算出、Airoboticsのデータ解析プラットフォームを⽤いることで、これまで⼯数がかかっていた、調査から修理費の算出までを、正確かつ迅速に⾏うことが出来るようになりました。

加えて、クライアントからの同意の基に撮影した⼤量の画像データ、及び損害鑑定⼈等による画像診断結果をAIに学習させることで、精度の向上も可能です。

これまでは、東京海上⽇動の損害鑑定⼈による調査で、通常1ヶ⽉程度かかっていた保険⾦のお⽀払い期間を⼤幅に短縮することが出来ます。

また、多くの箇所で同じタ……
 
続きを読む >>

ドローンニュース
ドローンクルーズ:棚田の最も美しい瞬間 長野県千曲市・姨捨の棚田(Vol.2)

千曲市にある姨捨の棚田は、広大な面積を持ち、棚田の数は2000枚ほどあると言われています。その広大さ …

ドローンニュース
飲酒後のドローン操縦を禁止する改正航空法成立

6月13日に衆院本会議により、ドローンの取り扱いについて改正航空法が成立しました。新たに飲酒後の飛行 …

ドローンニュース
アメリカ発の損害調査向けドローンソリューションサービスを開始

ドローン空撮とAI解析を組み合わせた損害調査を開始 Airobotics K.K.(以下 エアロボテ …