【ドローン規制】2019年5月の法改正における2つのポイント

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

ドローン規制に関する法改正の2つのポイント

2019年5月に、ドローン規制について法改正されました。

今回、ドローン規制について改正された法律は、次の3つです。

小型無人機等飛行禁止法 平成三十一年ラグビーワールドカップ大会特別措置法(ラグビー特措法) 平成三十二年東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会特別措置法 (オリパラ特措法)

そして、ドローン規制の法改正のポイントは2つあります。

ポイント1
小型無人機等飛行禁止法に定める飛行禁止対象施設に、防衛大臣が指定した防衛関係施設が追加されたこと ポイント2
ラグビー特措法およびオリパラ特措法の一部が改正され、ラグビーワールドカップ2019、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会の、関連施設上空での小型無人機等の飛行が禁止されたこと 防衛関係施設上空でのドローン飛行禁止

まず1つ目のポイント、小型無人機等飛行禁止法で改正された、ドローンの飛行禁止対象施設について解説します。

小型無人機等飛行禁止法には、ドローンの飛行禁止対象施設が定められています。

そこに、今回の法改正により、防衛関係施設が追加されたのです。

危険の未然防止や日本を防衛するための基盤の維持のために追加されました。

防衛関係施設とは

防衛関係施設というのは、自衛隊施設や米軍施設のことを指していて、防衛大臣が指定し……
 
続きを読む >>

ドローンニュース
ドローンクルーズ:棚田の最も美しい瞬間 長野県千曲市・姨捨の棚田(Vol.2)

千曲市にある姨捨の棚田は、広大な面積を持ち、棚田の数は2000枚ほどあると言われています。その広大さ …

ドローンニュース
飲酒後のドローン操縦を禁止する改正航空法成立

6月13日に衆院本会議により、ドローンの取り扱いについて改正航空法が成立しました。新たに飲酒後の飛行 …

ドローンニュース
アメリカ発の損害調査向けドローンソリューションサービスを開始

ドローン空撮とAI解析を組み合わせた損害調査を開始 Airobotics K.K.(以下 エアロボテ …