【2019年版】注目度が高まる産業用ドローン5機種

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

産業用ドローンの活用と取り組み

2019年3月13日~15日の3日間、幕張メッセにおいて産業用ドローンに特化した国内最大級の国際展示会「Japan Drone 2019」が開催されました。最先端の産業用ドローンが集められるこの展示会は海外からも高い関心が寄せられました。

産業用ドローンはさまざまなビジネスで活用されています。現在実用化されているビジネスは撮影、農業、建設などの分野で、まだ実用化されていないビジネスは配達・運搬の分野です。模索中の分野では以下のような取り組みが進められています。

Amazonの取り組み:2013年に「Amazonが4~5年後にはドローン配達を実用化する」というニュースが流れましたが、未だ実用化には至っていません。ドローンは目視できる範囲でしか飛ばすことはできないといった規制や、安全面から見ても今のところは実現が難しいようです。

ファミリーマートの取り組み:2018年12月にはコンビニチェーンのファミリーマートが岡山県和気町でドローン配送の実証実験を行いました。過疎地域における自動車配送の代替案として実験が重ねられています。

産業用ドローンを導入するメリット

実際に産業用ドローンが活用されている分野では、人ができない仕事をドローンがどのように助けているのでしょうか。導入することによって得られるメリットを分野別に見ていきましょう。

撮影業分野の産業用ドローン

ドローンといえば空撮、空撮といえばドローン。もはやドローン抜きで空撮業界は成り立たないと言ってもいいほどです。高所からの撮影においても有人ヘリ……
 
続きを読む >>

ドローンニュース
ドローンクルーズ:棚田の最も美しい瞬間 長野県千曲市・姨捨の棚田(Vol.2)

千曲市にある姨捨の棚田は、広大な面積を持ち、棚田の数は2000枚ほどあると言われています。その広大さ …

ドローンニュース
飲酒後のドローン操縦を禁止する改正航空法成立

6月13日に衆院本会議により、ドローンの取り扱いについて改正航空法が成立しました。新たに飲酒後の飛行 …

ドローンニュース
アメリカ発の損害調査向けドローンソリューションサービスを開始

ドローン空撮とAI解析を組み合わせた損害調査を開始 Airobotics K.K.(以下 エアロボテ …