放射性物質可視化カメラを搭載したドローンシステムを開発

ドローンニュース
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); ドローンで広範囲の放射線量を速やかに可視化

福島県内の帰還困難区域を含む屋外環境において、 福島第一原子力発電所(以下1F)事故に伴い環境中に飛散・沈着した放射性物質の分布を把握することは、除染作業者への情報提供や住民帰還への指標とする上でとても重要となる。しかし、従来のサーベイメータを用いた放射性物質分布の測定では広範囲エリアの測定に時間がかかり、足場の悪い場所では怪我等の危険も伴うために事前の処置等も必要となり、作業コストの増加が懸念される。そのため、簡便に広範囲を放射性物質分布測定できる手法が求められていた。

国立研究開発法人日本原子力研究開発機構(以下原子力機構)と株式会社千代田テクノル(以下千代田テクノル)は、福島県浜通り地元企業の株式会社栄製作所等と連携して、ドローンに放射線源の位置推定が可能な小型軽量コンプトンカメラを載せた遠隔放射線イメージングシステムを開発した。

図1
実証試験を行なったエリアで測定した放射線分布のカラーコンター図(図1)
同じエリアをサーベイメータで測定した結果 (下)

本技術は、原子力機構廃炉国際共同研究センター(富岡町)と千代田テク……
 
続きを読む >>

ドローンニュース
エアロネクストが中国市場進出、深圳市に現地法人を設立し川ノ上和文氏が総経理に就任

次世代ドローンを開発する株式会社エアロネクスト(東京都渋谷区、代表取締役CEO:田路 圭輔、以下エア …

ドローンニュース
ドローン初心者は何から始めるべきか?② ~ドローンを理解しよう~

この連載記事では、ドローンを始めようと思っている、又はドローンスクールに通いたいと思っている、又は最 …

ドローンニュース
Amazonベストセラー!『Holy Stone(ホーリーストーン)』ドローンおすすめ5選

【GW特別企画】賞品総額100万円! ドローン空撮コンテスト ”VIVA Drone Award” …