産業用ドローンの制御を可能にしたDroneSimulator3を4月15日から公開

ドローンニュース
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 業務活用を想定した無料のプログラミングソフト

自動・自律制御技術の発達とともに、ドローンの活躍の場は空撮やロジスティクスから、科学、農業、産業、建設、研究分野へと拡がりつつある。それに伴い「人間がドローンを操縦する技術」よりも「プログラミングで精密な制御」「機械学習による自律飛行」が注目されるようになってきた。株式会社車輪の再発見は4月15日よりプログラミング学習用アプリケーションを拡張したDroneSimulator3を公開する。

■DroneSimulator3の特徴
・無料、無登録で使用することができる。
・ブラウザだけで実行できるので、ソフトウェアをインストールする必要がない
・簡単に制御プログラミングを作ることができる。
・精密な動きを、何度でも自動で実行できる。
・飛行時間や空間に制限がなく、墜落や衝突の危険がない。
・画像認識やセンサーを利用した、AIプログラミングを作ることができる。(順次実装)
・ドローン実機とシンクロして飛行することができる。(開発ロードマップ参照)

STEM教育のみならず様々な産業分野に応用できるように拡張を目指す。

■アプリケーションの概要
DroneSimulator3は、作成したドローン飛行プログラミングを3Dシミュレーションすることができる。MIT……
 
続きを読む >>

ドローンニュース
ドローンクルーズ:棚田の最も美しい瞬間 長野県千曲市・姨捨の棚田(Vol.2)

千曲市にある姨捨の棚田は、広大な面積を持ち、棚田の数は2000枚ほどあると言われています。その広大さ …

ドローンニュース
飲酒後のドローン操縦を禁止する改正航空法成立

6月13日に衆院本会議により、ドローンの取り扱いについて改正航空法が成立しました。新たに飲酒後の飛行 …

ドローンニュース
アメリカ発の損害調査向けドローンソリューションサービスを開始

ドローン空撮とAI解析を組み合わせた損害調査を開始 Airobotics K.K.(以下 エアロボテ …