12Kで撮影、8Kで公開された空撮映像が美しい

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

出典(Source):Above NYC – Filmed in 12K、以下同じ

ニューヨークを撮影した
超高解像度映像

スマートフォンでも4K動画の撮影と視聴が可能になった昨今、高解像度の映像は見慣れたモノになりつつあります。しかし、12Kで撮影されて、8Kで配信されている映像とくれば、それは別格。ニューヨークの美しい風景を撮影した圧巻の高精細映像は必見です。

なお、記事の後半では「この映像をどのように撮影したのか?」という情報もありますので、ぜひ、ページの最後までチェックしてみてください。

Above NYC – Filmed in 12K

※ YouTubeを開いて、画面右下の「歯車」のアイコンから解像度を調整すると、最大8Kの解像度で映像をご覧いただけます。なお、ご視聴の環境(ディスプレイやグラフィックチップ等)が対応していない場合は8Kより低い画質での視聴となります。

» 関連記事:この10年で「空撮映像」はどう変わった? 10本の動画で見る進化

ビルの窓ひとつひとつ、道行く人まで見られる

8Kで公開されている動画のスクリーンショットを撮影しても、ウェブサイトに公開するために圧縮されたファイルになってしまうため元映像のクオリティは維持できません。とは言え、美しい空のグラデーションやビルのディテールの再現具合は、並……
 
続きを読む >>

ドローンニュース
ドローンクルーズ:棚田の最も美しい瞬間 長野県千曲市・姨捨の棚田(Vol.2)

千曲市にある姨捨の棚田は、広大な面積を持ち、棚田の数は2000枚ほどあると言われています。その広大さ …

ドローンニュース
飲酒後のドローン操縦を禁止する改正航空法成立

6月13日に衆院本会議により、ドローンの取り扱いについて改正航空法が成立しました。新たに飲酒後の飛行 …

ドローンニュース
アメリカ発の損害調査向けドローンソリューションサービスを開始

ドローン空撮とAI解析を組み合わせた損害調査を開始 Airobotics K.K.(以下 エアロボテ …